製品に含まれている物質を検査【SVHC分析で安全性を高める】

分析依頼できる種類

SVHC分析の依頼を受け付けている会社では、SVHC以外の分析も行なっています。そのため、他の分析も依頼したいという人は調べてみましょう。

依頼されている分析の種類ランキング

no.1

アゾ染料・顔料などの分析

製品を作る際、着色剤として使用されるアゾ染料・顔料には開裂反応を起こしたときに発がん性芳香族アミン類が発生されてしまうと言われているため、多くの業者が分析を依頼しています。

no.2

玩具分析

玩具を作っている事業は、玩具の安全性を確認するために分析依頼をしています。主に6歳以下の子供が使う玩具類が対象と言われています。そのため、2位という結果になっているのでしょう。

no.3

ハロゲン分析・赤リン分析

難燃剤といわれている物質には、生体蓄積性有害物質が発生する危険性があると言われているため電気・電子部分の製品を作っている事業が主に利用しているため3位なのでしょう。

no.4

残留農薬分析

4位に選ばれた残留農薬分析は、食品製造業や食品専門商社が食品の安全性を証明するために使用する分析方法です。人が口にする物のため安全性の保証は大切と言われています。

no.5

化粧品検査

美白化粧品の安全面を保証し、安心して消費者が使えるように化粧品製造会社では化粧品検査も行なっています。肌に直接塗る商品のため、安全性の高い物が求められているからと言われています。

製品に含まれている物質を検査【SVHC分析で安全性を高める】

研究

SVHC分析とは

SVHC分析は、候補にあげられた174項目の物質を分析し検査する方法のことを言います。この分析検査を受けることで、商品の安全性を保証してもらうことができるため品質を高めることが可能と言われています。

成形品や完成品も分析可能

どの状態で分析してもらうことができるのか?と疑問に思う人も居るでしょう。SVHC分析は、成形品や完成品の分析も行なっています。成形品や完成品の分析は、部品ごとに分析依頼するよりも費用が安いと言われているため、分析コストを抑えたい業者には最適な方法です。

高懸念物質の対象になるもの

SVHC(高懸念物質)の対象となる物質は
・CMR物質
・PBT物質
・vPvB物質
・その他の物資
などがあります。物質の種類によって特性が異なるため、安全性を高めるためにも分析の依頼をしておきましょう。

広告募集中